美容トラブル

注射器とバイアル

少しでも若く見られたい、はつらつとしたハリのある肌は女性の理想であり、憧れでもあります。近年は、美容外科手術の進歩によって、理想を現実に変える事が可能になってきました。品川美容外科では、特殊な糸で肌のたるみを解消する「フェイスリフト」で若返りを可能にしています。しかしながら、そのフェイスリフト手術の後遺症で、現在多くの女性から、品川美容外科が提訴されている現実があります。提訴している側からの意見では、「手術による痛みや合併症のリスク」を事前に説明されていないというものが多く、訴えを起こされた医師は有罪判決が下りました。ただ、この事件には続きがあり、その後の品川美容外科の対応は利用者のことを第一に考えたカウンセリングとサービスの徹底に努められています。

品川美容外科が提訴されているのは、やはり女性が見た目の若さや美しさをあまりに追い求めすぎる結果とも言えます。そして、これから手術を考えている女性は、まず、どのような手術であれ、顔や体にメスを入れるからには、リスクがつきものだという認識をすべきです。フェイスリフト等の技術を安易に考えず、神経を傷つけられることや、術後の痛みなどを納得したうえで手術に臨むことが大切だと言えます。また、品川美容外科では、フェイスリフトの勧誘もあったと推測されますが、そのような甘い勧誘に安易に乗らず、自分自身の体を大切にし、手術で見た目を変える前に、自分自身の生活を見直すなどして、まず、手術がどこまで自分にとって必要かをしっかり見極める事が大切です。